スタイルから図形にデザインを組み込む

スタイルからPowerPointの図形にデザインを組み込む

PowerPointには、線や塗りつぶしの色、影などが設定された「スタイル」というものが用意されています。
プレゼンテーションのテーマによってバリエーションは異なりますが、この機能を活用することで簡単に統一されたデザインで図形を作成することができます。



PowerPointで作成した図形にスタイルを設定する

星形の図形を描き、この図形に「スタイル」を適用していきます。
1図形が選択された状態で、メニューの2[描画ツール]の3[書式]タブに4[図形のスタイル]が用意されています。
PowerPointで作成した図形にスタイルを設定

[図形スタイル]の5[その他]の箇所をクリックすると、スタイルの一覧が展開されます。
PowerPointの図形に適応できるスタイル一覧

ここでは、[光沢 オレンジ、アクセント2]をクリックします。
PowerPointの図形にスタイルを割り当てる

図形にスタイルが適用されました。
図形にスタイルを適応させたイメージ

適用したスタイルを調整することもできます。
[図形の効果]から、このスタイルに適用されている各項目(反射、光彩、ぼかし、面取り、3-D回転)の効果を変更することができます。
[図形の効果]から更に複雑なデザインにすることも可能

「スタイルから図形にデザインを組み込む」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る