PowerPointで複雑な図形を描く

PowerPointで複雑な図形やフローチャートをを描く

PowerPointの「フリーフォーム」機能を使うと、複雑な図形を作成することができます。
また、2つの図形をコネクタで組み合わせることで、フローチャートのような図形も作ることができます。
今回は多角形の図形を描く方法とコネクタの使い方を説明します。



PowerPointで多角形の図形を描く

メニューの1[挿入]タブから2[図形]を選択し、3[フリーフォーム]をクリックします。
PowerPointの[フリーフォーム]で図形を作成

「始点」をクリックしてから、1~4のポイントを順にクリックし、最後は「始点」に戻ってクリックすると上記のように画像を描くことができます。
PowerPointのフリーフォームはクリックするごとに角を指定して図形を描ける
クリックするポイントの形を工夫することで、様々な図形を描くことができます。

2つの図形をコネクタで組み合わせフローチャートを作成

図形を2つ用意しました。
今回はフローチャートのように図形を組み合わせます。
2つの図形をコネクタで組み合わせフローチャートを作成

メニューの1[挿入]タブから、2[図形]を選択し、3[カギ線コネクタ]をクリックします。
PowerPointのカギ線コネクタで図形を結ぶ

カーソルを図形に近づけると、結合点が表示されるようになります。
図形にカギ線コネクタで結合できるポイントが表示される
結合点をクリックして、ひし形の結合点までドラッグすると2つの図形がコネクタで結合されます。
2つの図形が結合されるとこのような表示になります。
PowerPointでカギ線コネクタで結合したイメージ

一方の図形を下に動かしました。
コネクタが伸び縮み2つの図形がつながったままになっています。
カギ線コネクタで結合した図形を下にずらしても線は結合したまま

今回選択したコネクタは「カギ線コネクタ」なので、横にずらしてもきちんとコネクタがつながっています。
カギ線コネクタはフローチャートの作成などに便利
フローチャートの図を描く時などに大変便利です。

「PowerPointで複雑な図形を描く」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る