PowerPointで作成した表に文字を入力

PowerPointの表に文字を入力する手順

PowerPointで表を作成したら、次は各セルに文字を入力する方法について。
表に入力する文字は、Bold(ボールド太字)指定や色の変更など基本的な書式変更をすることができます。



PowerPointで作成した表のセルに文字を入力する

文字を入力したいセルをクリックしカーソルを立てます。

PowerPointで作成した表に文字を入力する手順

今回は「PowerPoint」と入力します。

作成した表にPowerPointという文字を入力

次に右のセルに文字を入力したいと思います。
この時、先ほどと同じようにカーソルを移動してクリック、またはキーボードの [→]キーでもセルを移動することができます。
またPowerPointでは、[Tab]キーを押すことで次のセル(右)へ
[Shift]+[Tab]キーを押すと前のセル(左)に移動できるようにもなっています。
PowerPointの表で文字を入力しTabで隣のセルに移動

同様の手順で順に文字を入力していきます。
表のセルに文字を入力してみる

PowerPointの表に入力した文字を装飾する

次は文字にBold(ボールド)指定(太字)をしてみましょう。
PowerPointの表では、文字をなぞらなくてもセルをクリックして書式を変更することができます。

アプリケーション名の文字をBold指定(太字)します。
太字にしたい文字の入っているセルをドラッグして選択された状態にします。
PowerPointの表で太字(ボールド)にしたいセルを選択

メニューの<ホーム>タブから「B」をクリックします。
PowerPointのセルの書式をボールド(太文字)で指定する

選択したセルの中にある文字が、すべてBold指定(太字)になりました。
このように表になっている場合は、セルに書式設定を適用することができます。

その他の文字装飾として
[I]ボタンでイタリック(斜体)
[U]ボタンでアンダーライン
[S]ボタンで影文字
[abc]ボタンで打ち消し線
などがあります。

「PowerPointで作成した表に文字を入力」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る