表の罫線やセルの色を変更する

PowerPointで作成した表の罫線やセルの色を変更

PowerPointで作成した表の罫線やセルの色を変更する方法をご説明します。
この部分はExcelとは違う操作方法になりますので、しっかり覚えておきましょう。



PowerPointで作成した表の罫線を変更する

ここでは、1行目と2行目の間の罫線を太い点線にして、色を青に変更する過程を説明します。
PowerPointで作成した表の罫線を変更する手順

1罫線を変更したい表を選択し、メニューの2[表ツール]から3[デザイン]タブを選択し、4[ペンのスタイル]を選び5点線をクリックします。
PowerPointの表の罫線の変更は[ペンのスタイル]から行う

続けて6[ペンの太さ]を7[3pt]をクリックします。
PowerPointの表の罫線の太さ変更

続けて8[ペンの色]を9[青]にします。
PowerPointの表の罫線の色を変更

これで変更する設定ができました。
変更を適用したい罫線をドラッグしてなぞります。
罫線の詳細を決めてから適応する箇所を指定する

罫線のスタイル、太さ、色を変更することができました。
PowerPointの罫線のスタイル、太さ、色の変更が完了
引き続き他の罫線をなぞると同じ条件で変更をすることができます。
変更したい操作が終わった後は、キーボードの[esc]キーを押して通常の操作に戻ることができます。

PowerPointで作成したセルの色を変更する

ここでは見出しのセルの色を変更します。
まずセルを選択します。
PowerPointのセルの色を変更したい箇所を選択

メニューから1[表ツール]の2[デザイン]タブを選択し、3[塗りつぶし]の色を4[ゴールド]にします。
塗りつぶしの色を指定
セルの色が変更されました。
PowerPointで作成したセルの色の変更が完了

「表の罫線やセルの色を変更する」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る