表の行の高さや列の幅を調整

PowerPoointの表の行の高さや列の幅を調整

PowerPointで作成された表は、Excelと同じように行の高さや列の幅を調整することができます。
ここでは、列の幅の調整、行の高さの調整、行の高さや列の幅を数値で指定する3つの方法をご説明します。



列の幅を調整する

列の幅を調整する場合は、調整したいセルの縦罫線にカーソルを合わせるとマウスの形が変わるので、変わったらドラッグして動かします。
列の幅を手動調整

PowerPointの表の列幅を均等に揃える

今度は「アプリケーション」、「コース」、「料金」の列をすべて同じ列幅に調整します。
1表を選択した状態で、メニューの2[表ツール]の3[レイアウト]タブから、4[幅を揃える]をクリックします。
PowerPointの表の列幅を均等に揃える
これで全ての列幅が均等に同じ幅になりました。

行の高さを調整する

行の高さを調整する際も、基本的には列の場合と同じ操作になります。
行の高さを調整したいセルの横罫線にカーソルを合わせるとマウスの形が変わるので、変わったらドラッグして動かします。
行の高さを手動調整

PowerPointの表の高さを均等に揃える

今度はすべての行の高さを揃えます。
1表を選択して、メニューの2[表ツール]の3[レイアウト]タブから、4[高さを揃える]をクリックします。
PowerPointの表の高さを均等に揃える
これで行の高さがすべて揃います。

行の高さや列の幅を数値で調整する

行の高さや列の幅を数値で調整することもできます。
1調整したいセルにカーソルを立てて、メニューの2[表ツール]の3[レイアウト]タブから、4[セルのサイズ]の数値を直接入力することで、数値でセルのサイズを指定することができます。
PowerPointで作成した表の行の高さや列の幅を数値で調整

「表の行の高さや列の幅を調整」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス


*




ページのトップへ戻る