箇条書きとインデントの設定を行う

PowerPointで箇条書きとインデントの設定を行う

段落には箇条書きや段落番号を設定することができます。



箇条書きを設定する

まず、1箇条書き設定したいテキストをドラッグして選択します。
設定したい箇所が複数ある場合は、[Ctrl]キーを押しながら複数のテキストをドラッグすることで選択できます。
メニューの2[ホーム]タブから3[箇条書き]をクリックします。

PowerPointのホームタブから箇条書きを選択

今回は行頭に●が来るものを選択します。
行頭に●が来るものを選択
箇条書き設定がされました。
段落番号を付ける
段落番号を付ける場合も、同様に設定することができます。


インデントの位置を調整する

タブのインデント位置は調整することができます。
調整方法はルーラーを表示し、メモリをドラッグして調整する方法と数字を設定する方法があります。

PowerPointのスライドにルーラーを表示する

メニューの1[表示]タブから2[ルーラー]のチェックボックスにチェックを入れることで上部と左側に「ルーラー」(定規/目盛)を表示できます。
PowerPointのスライドにルーラーを表示する

ルーラーのインデントマーカーで調整する

箇条書き設定したいテキストをドラッグして選択します。
A箇条書きのマークまでのインデントを指定
Bぶら下がりのインデント(箇条書きのマークからテキストまでのインデント)
ルーラーのインデントマーカーで調整する

C(インデントマーカーの下側の小さな四角)は箇条書きのマークからテキストまでの距離を維持したまま、箇条書きのインデントを設定
PowerPointで箇条書き自体をインデントする方法

段落設定でインデントを調整する

1箇条書き設定したいテキストをドラッグして選択します。
メニューの2[ホーム]タブから3[段落]をクリックします。
段落設定でインデントを調整する

段落設定ウィンドウが開きます。
Powerpointの段落設定ウィンドウで数値でインデントを指定
1テキストの開始位置
2ぶら下げのインデントを選択した場合
箇条書きのマークからテキストの始まるまでの距離
3字下げのインデントを選択した場合
テキストの開始位置から箇条書きのマークも含む字下げの距離を指定
インデントを設定した場合、どこの間隔が変更されるかの解説

「箇条書きとインデントの設定を行う」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る