プレースホルダーの文字の自動調節について

PowerPointで文字枠内でフォントサイズが勝手に調整される

PowerPointで文字を入力していると、文字量(行数)が多くなったきた際にプレースホルダー(文字枠)に合わせてフォントサイズが勝手に小さくなってしまう事があります。
PowerPointプレースホルダーの文字が自動で小さくなってしまう
これはプレースホルダーの自動調節オプションがOnになっている為です。



プレースホルダーの文字サイズ 自動調節オプションをOffにする

プレースホルダー内の文字サイズが勝手に小さくなってしまうとレイアウトの調整などしにくいと感じた場合、通常プレースホルダー内の自動調整をOffの状態にしておくことができます。

まず1「ファイル」
プレースホルダーの自動調節オプションをOffにする

2「オプション」
プレースホルダーの文字サイズ 自動調節オプション

「文章校正」から4「オートコレクトオプション」
「文章校正」から「オートコレクトオプション」を選択

5「テキストをタイトルのプレースホルダーに自動的に収める」、「テキストを本文のプレースホルダーに自動的に収める」のチェックを外します。
「テキストをプレースホルダーに自動的に収める」のチェックを外す

ちなみに「タイトルのプレースホルダー」と「本文のプレースホルダー」はスライド(ページ)のレイアウトで以下のようなイメージです。
「タイトルのプレースホルダー」と「本文のプレースホルダー」について

チェックを外せば、これ以降に作成されたプレースホルダーは自動で文字サイズが小さくなることはありません。
今現在、作成されているプレースホルダーは手作業で修正する必要があります。

プレースホルダーで自動で小さくなった文字サイズを戻す

文字が小さくなってしまったプレースホルダーを選択すると、左側に[自動調整オプション]ボタンが表示されます。
プレースホルダーの左側に[自動調整オプション]ボタン

[自動調整オプション]ボタンをクリックするとメニューが表示されます。
「このプレースホルダーの自動調整をしない」を選択すると文字サイズの自動調節が外れます。
[自動調整オプション]ボタンから「このプレースホルダーの自動調整をしない」を選択

自動調節が外れた結果、プレースホルダーから文字がはみ出します。
自動調節が外れた結果、プレースホルダーから文字がはみ出します

[自動調整オプション]ボタンはプレースホルダー内に文字が入りきらない場合(自動調節され文字が小さい状態かプレースホルダーから文字がはみ出した状態)にしか表示されません。

はみ出した文字部分は2段組みにする方法と
PowerPointのプレースホルダーでテキストがはみ出さないよう段組みにする
PowerPointでデザインを2段組みにする
次のスライド(ページ)に送る方法があります。

「プレースホルダーの文字の自動調節について」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る