スライドマスターで文字の一括入力・書式の一括変更

PowerPointのスライドマスターで文字の一括入力・書式の一括変更

PowerPointのタイトルサイズや書式、位置などを一括で変更したい場合には、「スライドマスター」を利用します。
スライドマスターを利用すると、すべてのページを一括で修正することができます。
全スライドの下部に「サンプル株式会社」の文字を入れる手順と書式等を一括で修正する手順を説明します。
右側のスライドのサムネイルの赤枠の箇所、特にスライド数が多いと全てに文字を入れるのはとても面倒です。
しかも後々レイアウトやデザインに変更が入った際に、また苦労することになります。
PowerPointのプレゼンテーションファイルの全スライドに共通項目を入力する



そういう苦労をしないためにも、スライドマスターの機能を使ってスライドを作成してみましょう。

スライドマスターとは

PowerPointでデザインされたスライドを使う場合、気に入ったテーマを選びます。
PowerPointで新規作成時にテーマを選ぶ
テーマを選んだ後、作成するプレゼンテーション資料によって各ページにあったスライドを選択します。
プレゼンテーション内容に応じて各スライドのレイアウトを選択
その各スライドのデザインが「スライドレイアウト」になります。

スライドマスターで変更したデザイン、レイアウト、書式の変更は下位にある「スライドレイアウト」にも影響を及ぼし、共通の修正点として反映されます。
一方、下位にある「スライドレイアウト」で修正した内容は上位にあるスライドマスターや並列にある他のスライドレイアウトに影響を及ぼすことはありません。
PowerPointのスライドマスターとスライドレイアウトについて
スライドのデザインをまとめて修正する際にスライドマスターを活用すると便利です。
PowerPointのテンプレート機能とは意味合いが異なりますが、一般的にテンプレート修正で検索してくるユーザーの大半は「スライドマスター」の修正を調べたいのでは・・。

スライドマスターを使って共通項目の入力

フッターを使って社名を表示

PowerPointでデフォルトで利用できるテーマにはフッターが表示されるべき場所が設定されています。
ただフッターを利用するには、フッターの利用をOnにし、フッターの文字を指定する必要がある為、設定される前は非表示になっている状態です。
通常のスライド表示
PowerPointのスライドを通常表示

スライドマスターに切り替えるとフッターや日付、ページ番号の項目がレイアウト上は設定されているのが分かります。
※スライドマスターへの切り替え方は後述。
スライドマスター表示に切り替えたるとフッターなどのレイアウト情報が隠れている

フッターに「サンプル株式会社」の文字を設定する手順
メニューの1挿入から2ヘッダーとフッターを選択。
ヘッダーとフッターウィンドウが表示されます。
3フッターにチェックを入れ、フッターに入れたい文字を入力します。
デザイン上タイトルスライドにもフッターを表示するかを検討し、表示したくない場合は[タイトルスライドに表示しない]にチェック。
(選択されたスライドだけでなく)スライド全体にフッターを表示させたい場合は
4[すべてに適応]を選択。
PowerPointでフッターを利用して全スライドにテキストを入力

これで全てのスライドに会社名がフッターとして表示されます。
フッターにテキストの入力が完了

更に「サンプル株式会社」の表示位置を一括してセンター配置にしてBold(太字)にする手順をご説明します。

スライドマスター表示に切り替え

メニューの1[表示]タブから2[スライドマスター]をクリックします。
PowerPointをスライドマスター表示に切り替え

ります。
この時、先ほどまで表示していたスライドに該当する「スライドレイアウト」が選択されていますので、必ずスクロールしてサムネイル表示の一番先頭にある3「スライドマスター」を選択し直して下さい。
最上部のスライドマスターを選択

スライドマスターで各スライドの書式設定を一括変更

スライドマスター画面に切り替わった状態で、フッターの「サンプル株式会社」をメニューのAホームから文字をBold(太字)、位置をセンターに修正。
「サンプル株式会社」の文字を選択した時に表示されるBメニューから書式を変更することもできます。

スライドマスターで各スライドの書式設定を一括変更
メニューの4[スライドマスター]タブの5[マスター表示を閉じる]をクリックしてスライドマスターの表示閉じます。
PowerPointのスライド表示を通常に戻す

これでフッターに指定された社名の書式が一括で変更されました。
フッターのテキストの書式が一括で変更

フッターに会社名を入れてしまうと、他の用途でフッターが利用できなくなってしまうので、次はフッター以外でテキストを入力する方法について

スライドマスターにテキストを入力して社名を表示

メニューの1[表示]タブから2[スライドマスター]をクリックします。
PowerPointをスライドマスター画面に切り替える

スライドマスター画面に切り替わります。
先ほど同様にサムネイルをスクロールして表示の一番先頭にある3「スライドマスター」を選択し直して下さい。
最上部のスライドマスターを選択

フッターの前にテキスト(社名)を入れようと思うので1フッター位置を右にずらします。
2挿入から3[テキストボックス]で4[横書きテキストボックス]を選択
レイアウトを調整してテキストを挿入する

文字を入力し、書式を整えます。
挿入したテキストの書式を調整する

テキストを新たに配置したことでフッターは別の用途で利用できます。
テキストを新たに配置したことでフッターは別の用途で利用

スライドマスターを修正してもスライドレイアウトに反映されない

スライドマスターの下にある「タイトル」のスライドレイアウトには今回挿入したテキストが入っていません。
タイトルのスライドは一般的なスライドとレイアウト的に異なるケースが多いため、選択したテーマ(デザイン)によってはスライドマスターで挿入したテキストや画像が反映されない事があります。
タイトルスライドにも追加したい場合は、タイトルのスライドレイアウトを選択し、直接編集(挿入)する必要があります。

「スライドマスターで文字の一括入力・書式の一括変更」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

*




ページのトップへ戻る