PDF形式に変換して保存する

PowerPointデータをPDF形式に変換して保存

ここでご紹介する方法は、他のOffice製品であるWordやExcelでも同様に設定することができます。



PDF形式に変換して保存する

メニューの1[ファイル]タブをクリックします。
PowerPointのプレゼンテーションファイルをPDFで保存するには「ファイル」タブから

2[名前を付けて保存]、3[コンピューター]、4[参照]をクリックして保存場所を指定します。
PowerPointをPDFにするには「名前を付けて保存」

[名前を付けて保存]のダイアログボックスが開きます。
保存場所を選択したら、[ファイルの種類]の項目をクリックします。
PowerPointを保存する際にファイルの種類をPDFにする

[ファイルの種類]から[PDF(*.pdf)]を選択します。
[保存]をクリックすることで、パワーポイントのデータがPDF形式で保存されます。
PowerPointのデータがPDFで保存

PDF形式で保存する際には、オプションで設定を変更することもできます。
[名前を付けて保存]のダイアログボックスで、[ファイルの種類]にPDF形式を指定した後、[オプション]をクリックします。
PDFで保存する際にオプションで細かい設定が可能

例えば発行対象を「配布資料」にしてPDFの1ページ中に複数のスライドを入れたり、体裁が変わらない様にフォントを埋め込んだり等を指定する事ができます。
PowerPointをPDF保存する際のオプションについて

「PDF形式に変換して保存する」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る