ファイルにパスワードを設定する

PowerPointのプレゼンテーションファイルにパスワードを設定する

PowerPointのプレゼンテーションファイルにパスワードを設定することで、ファイルのセキュリティーを高めることができます。
不特定多数がアクセスする環境にファイルを置く必要がある時は、パスワードを設定することで情報の流出を防ぐことができます。
ここでご紹介する方法は、他のOffice製品であるWordやExcelなどでも同様に設定することができます。



PowerPointのファイルにパスワードを設定する

メニューの1[ファイル]タブをクリックします。
PowerPointのファイルにパスワードを設定するには[ファイル]タブから

2[情報]を選択し、3[プレゼンテーションの保護]をクリックします。
展開されたメニューから4[パスワードを使用して暗号化]をクリックします。
PowerPointをパスワードを使用して暗号化する

[ドキュメントの暗号化]ダイアログボックスが表示されますので、任意のパスワードを入力します。
PowerPointに任意のパスワードを設定

[OK]を押すと今度は[パスワードの確認]ダイアログボックスが表示されますので、同じパスワードをもう一度入力します。
PowerPointに設定したパスワードの再入力/確認

これでファイルは暗号化されました。

PowerPointにパスワードがかかったか確認

確認のために一旦ファイルを閉じて、再び開いてみましょう。
パワーポイントのプレゼンテーションファイルが開く際に、[パスワード]のダイアログボックスが表示されるようになりました。
PowerPointをパスワードを使用して暗号化する

ここに先ほどのパスワードを入力しましょう。
パスワードの入力が間違っていなければ問題なく開けるはずです。
パスワードを入力すると問題なくデータは開ける

パスワードを設定することでファイルを安全に取り扱うことができるようになります。
ぜひビジネスの現場では積極的に利用したい機能です。

「ファイルにパスワードを設定する」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る