フォントの色やスタイルを変更

PowerPointでフォントの色やスタイルを変更

パワーポイントでは、フォントの色やスタイル太字斜体など)を簡単に変更することができます。
特に注目をして欲しい文字列は、フォントサイズやフォントの種類だけではなく色を付けて目立たせるとより効果的です。



PowerPointでフォントの色を変更する

パワーポイントのプレゼンテーションデータの文字色を変更したい文字枠のプレースホルダーを選択します。

PowerPointの文字色を変更したい文字枠のプレースホルダーを選択

1<ホーム>タブを選択して、2<フォントの色>をクリックし、3<カラー>を選択します。

パワーポイントのホームタブからフォントカラーを変更する

この時、カーソルをカラーに合わせているだけで、変更箇所がプレビューされていますので、確認しながら色を選択することができます。
目的の色をクリックするとフォントの色が変更されました。

PowerPointのプレゼンテーションのフォントカラーが変更されたイメージ

文字色を部分的に変更したい場合は、該当箇所をマウスで選択してから同じように色を付けることができます。

PowerPointのフォントのスタイル(太字・斜体・影など)を変更する

パワーポイントのプレゼンテーションデータの文字色を変更したいプレースホルダーを選択します。

PowerPointのフォントのスタイル(太字・斜体・影など)を変更

1<ホーム>タブの2<スタイル>箇所から<斜体>を選択します。
このように簡単に文字スタイルを変更することができます。

>PowerPointのホームタブから装飾を施したいスタイルのボタンを選択

<スタイルの種類>
スタイルには、太字・斜体・下線・文字の影・取り消し線があります。
PowerPointの文字装飾の種類

文字を強調したい時に便利な機能です。

「フォントの色やスタイルを変更」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る