PowerPointでワードアート(文字装飾)を使う

PowerPointでワードアートの文字装飾を利用

パワーポイントにもワードなどと同じように文字に様々な装飾を施す「ワードアート」の機能が用意されています。
タイトルや見出しなどにデザイン効果を適用して、分かりやすい資料を作ることができます。



PowerPointの文字枠にワードアートを設定する

ワードアートを適用したい1プレースホルダーを選択します。
2<描画ツール>の<書式>の中から、3クイックスタイル>をクリックします。

PowerPointの描画ツールの書式からクイックスタイルを指定

「クイックスタイル」を選択すると、スタイルの一覧がプレビューで表示されます。

クリックスタイルをクリックするとデザインがプレビューで確認できる

目的のスタイルにカーソルを合わせると本文がプレビューされています。目的のスタイルをクリックして決定します。

個別にワードアートを挿入する

スライドに配置されている文字枠以外に、個別にワードアートを挿入したい場合は、<挿入>タブの<ワードアート>から目的のスタイルを選択します。

PowerPointでレイアウトに関係なくワードアートを挿入する

「ここに文字を入力」というワードアートが挿入されますので、文字を入力して完成です。

PowerPointにワードアートが挿入される

このように簡単に見出しに利用できるワードアートを挿入することができます。

文字を入力するとワードアートが適応される

「PowerPointでワードアート(文字装飾)を使う」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る