複数の図形の結合・合成・加工

Powerpoimtの図形の結合機能を使う

PowerPointの「図形の結合」機能には「接合」「型抜き/合成」「切り出し」「重なり抽出」「単純型抜き」の5つの機能があります。
この機能を使うことで、図形を様々な形に加工することができます。



PowerPointの図形を[接合]する

1[接合]したい図形を選択します。
PowerPointの結合したい図形を選択
メニューの2[描画ツール]の3[書式]タブから、[図形の結合]をクリックします。
展開されたメニューから4[接合]をクリックします。
PowerPointの図形の[接合]
これで2つの図形が接合されました。
2つの図形が合体され1つの図形になっていますので、動かしても色を変えても1つの図形として扱われます。

その他の場合も基本操作は同じです。
ここでは他の加工がどのようになるか見てみましょう。

型抜き/合成

図形の「型抜き/合成」では、図形の重なった部分が型抜きされ、残りの箇所が接合されます。
PowerPointの図形の「型抜き/合成」

図形の「切り出し」

図形の「切り出し」では、図形の重なった箇所で切り出しされます。
ここでは少し分かりやすいように分割している箇所を広げていますが、今回の場合はこのように3つに分割されています。
PowerPointの図形の「切り出し」

図形の「重なり抽出」

図形の「重なり抽出」では、図形の重なった箇所のみを残します。
PowerPointの図形の「重なり抽出」

図形の「単純型抜き」

図形の「単純型抜き」では、上になっている図形で下の図形を切り抜きます。
PowerPointの図形の「単純型抜き」

「複数の図形の結合・合成・加工」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る