図形やオブジェクトの重なり順を変更

PowerPointの図形やオブジェクトの重なり順を変更

PowerPointで複数のオブジェクトを作成した場合には、新しく作成されたオブジェクトが前面に表示されるようになっています。
そのため複数の図形などを重ねていくと、前後の順序を変更する必要が発生します。
ここでは、図形やテキストボックスなどの重なり順を変更する方法をご説明します。



PowerPointの図形やオブジェクトの重なり順を変更する

PowerPointの複数の図形、オブジェクトは作成順に重なる

ここでは丸形の図形を星形の前面に表示するようにします。
重なり順を変更したい1丸形の図形を選択します。
メニューの2[描画ツール]の3[書式]タブから[配置]をクリックします。
[オブジェクトの順序]という項目がありますので、ここでは4[前面へ移動]をクリックします。
オブジェクトの順序から前面へ移動を選択

選択した丸形の
図形が星形の前面に移動しました。
PowerPointの図形やオブジェクトの重なり順の変更完了

複数のオブジェクトがある場合には、[最前面へ移動]、[最背面に移動]なども利用して図形を一番上(下)に移動しすると重なり順の変更が分かりやすいと思います。

「図形やオブジェクトの重なり順を変更」への質問/コメント

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る