PowerPointが旧バージョンで開けない

PowerPointの旧バージョンで開けるように保存する

パワーポイントの最新バージョンは2016ですが、まだまだ過去バージョンを利用しているユーザーが多くいます。
パワーポイントは、バージョン2007から拡張子が“ppt“から“pptx”へ変更になりました。



拡張子がpptxのファイルは、PowerPoint 97-2003ではファイルを開けない

そこで、旧バージョンと互換性を保った保存方法をご紹介します。

PowerPointの旧バージョンで開けるように保存する方法

メニューの<ファイル>から1<名前を付けて保存>、2<コンピューター>、3<参照>をクリックして保存場所を指定します。
PowerPointを「名前を付けて保存」

開いたウィンドウの<ファイルの種類>から
PowerPointを名前を付けて保存する際にファイルの種類を指定する

<PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション(*.ppt)>を選択します。
名前を付けて保存の際に、PowerPoint 97-2003 プレゼンテーション(*.ppt)を指定

これで古いパワーポイントしか持っていないユーザーでも、ファイルを開くことができるようになります。
<注意>
旧バージョンでサポートされない機能が含まれていると<Microsoft PowerPoint互換性チェック>の画面が表示されます。
Microsoft PowerPoint互換性チェック
影響がないか確認してから保存しましょう。

「PowerPointが旧バージョンで開けない」への質問/コメント

  1. 旧バージョンで作成されたパワーポイントのファイルを、最新バージョンのプログラムで開く方法はないのですか?

    CaptainSH 2018年8月30日 12:59 PM 返信
    • PowerPointの97までは開けるように思いますが、それ以前のバージョンですか?

      管理人 2018年8月30日 1:18 PM 返信

この記事への質問/コメント

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されません。
※URLはリンクされません

コメント

内容をご確認の上、送信してください。

名前(ニックネーム)
メールアドレス

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




ページのトップへ戻る